夜勤を嫌がる看護師

近年では、夜勤を必要としない看護師の仕事が増えている。それと同時に、夜勤のみで働ける看護師の需要が高まっている
一般の職業において夜勤などの仕事が出始めたのは、経済の発展とともに栄えた都心での盛り場が増えたせいで、少しさかのぼった江戸時代なら、日没とともに仕事を終えることが通常であった。
そんな中、医療に関する仕事は、当時でも時間を選んで病気を発祥する患者はおらず、その職業柄深夜に医療行為をする医師や看護師たちも少なくはない。
現在、医師や看護師の人材は不足していて求人においては恵まれた環境にあるが、本来看護師として医療の道を目指すなら、夜勤などの対応は経験しておいた方がいいと思う。
24時間体制のレストランやコンビニは、廃止しても特に私達の生活に影響を与えないが、医療の仕事や消防の仕事においては、夜勤は欠かせない仕事の条件です。
仕事量が安定しない派遣社員などはある時期に仕事が集中して、昼夜と無理なスケジュールをこなさなければならず、そこに問題点は考えられるが、看護師の様にきちんとしたスケジュールの元でこなす夜勤はメリットもたくさんある。

看護師の夜勤は給料が高いイメージだが、本当に稼ぎがいいのかということに焦点をあてまとめられているサイト。夜勤専従に興味のある方は見てみて欲しい。
URL⇒ http://night-shift-nurse.com

0 件のコメント
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>