アルバイトで感じること

 看護師で働いているのに、アルバイトで生計を立てている方がいるかもしれません。患者から見た看護師がアルバイトだという色眼鏡で見たときに、どうしてアルバイトが患者の看護をする権利が与えられるのか疑問に感じることがあってもおかしくないでしょう。しかし、アルバイトだからといっていい加減な看護をしているとは限らず、アルバイトでありながら心から患者のことを想った看護を心がけている看護師がいても不思議ではないのであり、その看護師の手から紡がれていく看護の力によって患者が救われるばかりか、アルバイトだからロクに看護ができないというレッテルを除去していくことにつながるのです。
 看護の仕事を探している求職者の中には、アルバイトで雇用してくれる病院の応募を検討する場合があるでしょう。アルバイトという働き方で感じることは人それぞれですが、やはり不安定な収入しか貰えないというレッテルを貼られがちです。しかし、事情がありパートや夜勤のアルバイトを一生懸命されている方もいるでしょう。それでも、アルバイトで仕事をすることが自分にとってのベストとなる生き方なのだと信じるのではないかと思うのです。アルバイトで働くことが苦痛に感じない精神が必要となるのかもしれません。

0 件のコメント
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>